年下女子が憧れるアラフォー美肌通信.com

ホルモンバランス、体調不良・・・周りに言いにくいけど、綺麗でいたい!そんなアラフォー女性が体験した美肌・健康の秘訣を暴露しています!

深刻なお悩みアイテム

今年の夏はデリケートゾーンの臭いに悩まない!原因と対策法は!?

投稿日:

もうすぐ暑い夏がやってきますね♪

 

でも、肌を露出する機会も増えると同時に

色んな悩みも増えてしまいますね^^;

 

 

女性は特に水着を着る機会も増え

その度に、デリケートゾーンに対する悩みも

多くなってきて・・・

 

結局、どうして良いのか分からなくなりますね。

 

 

そこで今回はこれからの季節に

悩みが増えるデリケートゾーンについて

 

効果的なケア商品の紹介や

ケアの仕方など沢山の情報を

お伝えして行きますね♪

 

 

 

デリケートゾーン臭いの原因と対策の仕方

女性にとって深刻な悩みの一つでもある

デリケートゾーンの臭い・・・

 

生理前後やおりものの量が多い時は

特に気になりますね^^;

 

 

また、これから暑い季節になりますので

薄着にもなり、汗もき、臭いが強くなって

余計に気になるのでは・・・

 

 

誰にも相談できない、そんな人も多いのでは

そこで、自分で解決する為に

 

この記事では、

*石鹸で臭いをケアできるのか

*予防法や対策方法

*臭いの原因

*対策ケアランキング

 

 

など、この記事を参考にされて

デリケートゾーンの色々な悩みを

 

解決できるような内容を

お届けしていきたいと思います。

 

 

 

 

臭いの原因とは

デリケートゾーンの臭いの原因は雑菌です。

 

汗・尿・おりものや経血などが

臭いの原因になってしまいます。

 

さらに、デリケートゾーンには、

アポクリン汗腺という汗の出口があり、

 

太くてしっかりとした毛の生えている部分に

多くあり、汗臭さの原因になっています。

 

また、デリケートゾーンは下着などで

密閉されて、高温・多湿・・・と言った

 

雑菌が繁殖する環境が

出来ている事から臭うと考えられます。

 

 

 

ニオイ対策は

1)清潔にする事。

キレイに洗いすぎても肌への負担になって

逆効果になりますので

 

洗う時はデリケートゾーン専用のソープを

良く泡立てて、

泡で優しく洗う様に気を付けましょう。

 

 

 

 

2)通気性の良い下着

通気性の良い下着を選び、

生理中のナプキンやおりものシートなど

 

こまめに摂り変える事も

臭い対策にとっては大切な事になります。

 

 

 

 

3)デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの脱毛をしたり

毛の量減らす、と言った事で

通気性が良くなり、臭いの軽減になります。

 

 

お風呂に入って洗う時も

汚れが落ち易くなるので

臭いを軽減させる事が出来ます。

 

 

 

 

デリケートゾーンケア商品ランキング

デリケートゾーンのケア用品は沢山あって

どの様な物を選べば良いのか迷いますね。

 

 

そこで、間違えない選び方などを

紹介していきますね。

 

購入する時の参考にして下さい。

 

 

 

デリケートゾーンケア用品の選び方

①成分を調べる

商品のパッケージの配合成分を見て、

臭いケアができる有効成分が

配合されているかどうか調べましょう。

 

 

 

 

②肌にやさしい低刺激の物を選ぶ

デリケートな部分になりますので

低刺激で肌に優しいケア用品を選びましょう!

 

普通の石鹸ですと刺激が強すぎますので

デリケートゾーンのケア用品を選ぶ時には

気を付けて下さいね。

 

 

 

 

デリケートゾーン専用石鹸ランキング

☆1☆【コラージュフルフル泡石鹸】

コラージュフルフル泡石鹸は

医薬部外品のデリケートゾーンケア用品。

 

“ミコナゾール硝酸塩”が配合され

真菌(カビ)にも対応でき

 

臭いやかゆみの原因となる

雑菌・カビを退治してくれます。

 

⇒コラージュフルフル泡石鹸の詳細を確認する!

 

 

 

 

☆2位☆【ジャムウ・ハーバルソープ】

デリケートゾーン用の石鹸ではありますが

ニオイが気になるワキ・足など

全身に使える石鹸です。

 

臭いの原因の老廃物を除去・洗浄し

乾燥し易いデリケートゾーンを

保湿もしてくれます。

 

 >>ジャムウ・ハーバルソープの詳細を確認!

 

 

 

☆3位☆【フロプリー】

プロプリーは、体の内側と外側からの

ダブルでケアをして消臭効果を発揮します。

 

この商品はサプリメントと石鹸のダブルケア。

 

プロブリーは

60日間返金保証付きなので安心して使えます。

 

フロプリーの記事をコチラで確認してみる!

 

 

 

☆4位☆【イビサソープ】

デリケートゾーンの肌は、とくに敏感で

トラブルも起こりやすい部分です。

 

そんなデリケートゾーンの為の専用ソープが

イビサソープです。

 

28日返金保証付きなので安心ですね。

 


⇒イビサクリームの詳細記事はコチラ!

 

 

☆5位☆【クリアネオ】

クリアネオは、男女兼用。

ワキガやデリケートゾーン・足の臭いなど

体の気になる臭いを防いでくれます。

 

クリアネオは、体臭予防ボディソープと

ワキガ専用クリームのダブルケアで消臭します。

 

無添加、無着色で日本製の

医薬部外品なので安心して使えますね。

 

⇒クリアネオの詳細をコチラで確認する!

 

 

 

デリケートゾーンに出来た吹き出物のケアの仕方

皆さんはデリケートゾーンに吹き出物が

出来て悩んだことはありませんか?

 

顔や背中にニキビができるのと同様

デリケートゾーンにもニキビは出来ます。

 

 

 

デリケートゾーンに吹き出物ができる原因

デリケートゾーンは毎日下着で覆われて

常に湿度が高い為

雑菌が繁殖しやすくなっています。

 

 

特に女性の場合、

*生理用ナプキンによる蒸れや刺激

*経血、尿や垢などで汚れやすい

*ホルモンバランスの崩れ

*ストレス、食生活の乱れ

等がニキビの原因になります。

 

 

 

 

デリケートゾーンに出来た吹き出物のケア

①洗い方を見直す

とにかく清潔に保つ事が大切になりますが

洗い方にも注意が必要です。

 

洗う時は最初にお湯で汚れを軽く洗い流し

それから石鹸を泡立て、泡で洗う様にして

指先でやさしく洗いましょう。

 

 

デリケートゾーンは皮膚が薄いので

少しの刺激で傷がついて菌が繁殖します。

 

 

 

 

②下着選び

蒸れないためにもコットンやシルク素材等

通気性のよい素材のものを選びましょう。

 

締め付けないことも大切になります。

ゴムやきついジーンズ・ストッキングなども

蒸れの原因になります。

 

 

 

つまり

*通気性のよいものを選ぶ

*パンツスタイルのときは

ショートストッキングを履くようにする

 

と言った少しの工夫で改善が出来ます。

 

 

 

かゆみを止める石鹸は敏感肌でも使える?

デリケートゾーンの皮膚は下着などの影響で

湿度や温度が高まり蒸れ易くなっています。

 

また汗や汚れもたまりやすい場所でもあるので

細菌、ウイルス、カビなどが繁殖しやすい為

 

かぶれやかゆみなどのトラブルを

起こしやすい部位でもあります。

 

 

デリケートゾーンの痒みの原因

①蒸れ・汗

デリケートゾーンは蒸れやすい為

その蒸れた状態が続くと、雑菌が繁殖し

かゆみを感じやすくなります。

 

また、デリケートゾーンには

汗腺が集中しているので

汗をかき易いと言う事も原因の一つです。

 

 

 

②乾燥

デリケートゾーンは、皮膚が薄く、

保湿力が弱いので乾燥しやすいと言えます。

 

乾燥した状態では、肌が敏感になり

雑菌が繁殖しやすくなりかゆみを感じます。

 

 

 

③洗い方が間違っている

洗いすぎても痒みが悪化しますし、

細かな部分の汚れが綺麗に落とせてない事で

デリケートゾーンのかゆみは悪化します。

 

この様な時には

デリケートゾーン専用の石鹸がおすすめです。

 

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消はどうするの?

これからの季節デリケートゾーンの

黒ずみも気になりますね。

 

ここからはデリケートゾーンの黒ずみの原因と

効果的なケア用品を紹介していきますね♪

 

 

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因

デリケートゾーンが黒ずむ原因は

*メラニン色素の沈着

*ターンオーバーやホルモンバランスの乱れ

といわれています。

 

 

しかし、メラニ色素と言えば

紫外線、と思う人が多いかと思いますが

 

どうして紫外線を浴びないデリケートゾーンも

メラニン色素が沈着するのでしょうか?

 

 

 

 

メラニン色素沈着の原因

①下着や洋服の摩擦・圧迫

下着やGパン、スキニーパンツの様な

アンダーウェアーは肌を刺激する

大きな要因になります。

 

デリケートゾーンの肌は

とても繊細なので座って圧迫されるなど、

 

ちょっとした刺激が大きなダメージになり

肌の防衛機能が働きメラニンが大量に作られます。

 

 

 

 

②間違ったお手入れ

*肌に合わない刺激の強いボディソープを使う

*陰部をゴシゴシ洗いすぎる

 

この様な行為も、

敏感なデリケートゾーンにとっては肌に

負担がかかり、大きな刺激となって

黒ずみになってしまいます。

 

 

 

 

③ホルモンバランスやターンオーバーの乱れ

正常な肌は、

およそ28日周期で肌が生まれ変わります。

 

 

しかし女性ホルモンの乱れや代謝の低下で

ターンオーバーも乱れがちになります。

 

 

そうすると中々肌が生まれ変わらず

黒ずんだ肌が

 

新しい白い肌に変わる事ができない為

黒ずみがどんどん蓄積されていきます。

 

 

 

デリケートゾーンの黒ずみケア商品を選ぶコツ

デリケートゾーンの黒ずみをケアする物も

沢山ありますが、

どれが良いのか分かりませんよね。

 

 

そこで、ここからの記事で

黒ずみケア用品を選ぶ時の参考にして下さいね♪

 

 

有効成分を見る

◆美白有効成分

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は

美白効果のある成分が配合されている

ケア用品を選ぶ事が大切になります。

 

 

 

※美白効果成分とは

*トラネキサム酸

*アスコルビン酸(ビタミンC誘導体)

*プラセンタ

*アルブチン

になります。

 

ケア用品にこれらの有効成分が

配合されているか確認してから購入して下さいね♪

 

 

 

 

◆肌を整える成分

肌を回復させ、整える事で

ターンオーバーの乱れを改善する事が出来ます。

 

お肌を整えてくれる成分として

良く配合されているのが

“グリチルリチン酸”になります。

 

 

 

◆保湿成分

肌にとって乾燥と言うのが一番の

ダメージになり、黒ずみも進行します。

 

そうなるとせっかくの有効成分の

効果を発揮できなくなりますので

保湿できるタイプの商品を選ぶ事も大切になります。

 

 

※保湿成分とは

*セラミド

*ヒアルロン酸

*エラスチン

などがあります。

 

 

◆低刺激

デリケートゾーンの肌はとても繊細。

 

・アルコール・着色料・香料・パラベン

・鉱物油・石油系界面活性剤など、

 

この様な刺激になり易い成分が入っていない

ケア用品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

デリケートゾーン黒ずみケア用品ランキング

☆1位☆【ハーバルラビット】

有効成分として

水溶性プラセンタエキスを配合。

 

更にヒアルロン酸やセラミドも配合され

高保湿で黒ずみをケアしてくれます。

 

 >>ハーバルラビットの詳細はコチラ!

 

 

 

 

☆2位☆【イビサクリーム】

イビサクリームには、

2種類の美白有効成分が配合されています。

 

黒くなったデリケートゾーンに潤いを与え

肌のターンオーバーを正常化してくれます。

 


⇒イビサクリームの詳細記事はコチラ!

 

 

☆3位☆【ヴィエルホワイト】

ヴィエルホワイトは少しトロミがあるので

塗りやすくデリケートゾーン専用の

美白化粧水の様な感覚で使えます。

 

 

トラネキサム酸やヒアルロン酸などが配合され

ビキニライン専用に作られているので

肌に低刺激なのでおすすめです。

 

⇒ヴィエルホワイトの効能は?そんな記事はコチラ!

 

 

 

 

☆4位☆【ホスピピュア】

ホスピピュアは有効成分として

トラネキサム酸が配合されています。

 

またホスピピュアは日本大手の

湘南美容外科クリニックが開発した

黒ずみクリームなので安心して使える美白クリームです♪

 

⇒ホスピピュアの効果は?そんな回答記事はコチラ!

 

 

 

 

☆5位☆【クレアフォート】

クレアフォートは有効成分である

水溶性プラセンタエキスが配合されていて

 

細胞が活性化され新陳代謝が活発になり

ターンオーバーを正常化してくれます。

 

 

 

除毛剤の選び方と毛量を減らす効果と残し方

水着を着る季節になるとVIOの脱毛を

考える人が多くなります。

 

 

そこで脱毛を始める前に知っておきたい事を

ここではお伝えして行きますね♪

 

まずデリケートゾーンの脱毛を行うとしたら

エステに行くか自宅でするかになりますね。

 

 

エステに行くとお金もかかるし

恥ずかしい、と言う人は自宅で簡単に

脱毛できるケア用品もあります。

 

 

また女性の悩みある、デリケートゾーンの臭いも

脱毛する事で軽減する事も出来ます。

 

 

 

デリケートゾーンの除毛材とは

デリケートゾーンは、皮膚が薄くとても敏感。

そのため、普通の除毛クリームを使うと

肌が荒れてしまう事も・・・

 

では、デリケートゾーンには

どの様な除毛クリームが良いのでしょうか。

 

 

 

◆デリケートゾーン専用のものを選ぶ

刺激にも敏感な部分なので、

デリケートゾーン専用の除毛クリームなら、

 

刺激が少ない様に

優しい成分で作られています。

 

 

◆肌を保護する成分配合

除毛クリームには、アルカリ性剤が

配合されているので肌に負担がかかります。

 

 

つまり、除毛後の肌はとても敏感なので

そんな肌を外部刺激から守るバリア機能を

しっかりとさせるために、うるおいが必要です。

 

 

肌を守るため、

セラミドやヒアルロン酸など、

 

保湿成分がたっぷりと配合された

除毛クリームを選ぶ事が大切です。

 

 

 

◆お風呂で使える

今までの除毛クリームは

水に濡れると効果が薄れてしまうため

お風呂での使用は出来ませんでした。

 

 

しかし、最近は水に強く

お風呂でも使える除毛クリームもあります。

 

 

クリームを塗った後

しばらく放置する必要がありますが

 

お風呂で使えるクリームなら、

その間に頭を洗ったり出来るので

時短になりとても便利です。

 

 

 

デリケートゾーンの毛量の減らし方

デリケートゾーンの毛量が多くて

悩んでいる女性も多いとか・・・

 

そこで自宅で出来る毛量を少なくする

方法をお伝えして行きますね♪

 

 

※スキばさみを使う

すきばさみで薄くする方法があります。

 

最近はドラッグストアや

100円均一でも購入出来ますね。

 

 

しかし余りにも安い物は毛が挟まったりと

痛い思いもしますので

なるべくしっかりした物がおススメです。

 

 

カットの仕方はかんたんですから、

バスルームですいてみるといいでしょう。

 

初めは上手く行かないかも知れませんが

慣れてくると意外と簡単に出来ます。

 

 

 

 

※すきカッター

コームの中に刃が内蔵されているので

ヘアをとかすだけて簡単に薄く出来ます。

 

ハサミですくのが面倒な方におススメです。

 

毛量を少なくする事でデリケートゾーンの

ニオイなどの解消にも効果的です。

 

 

 

デリケートゾーンの毛の残し方

デリケートゾーンのVラインを

どう残すかでアンダーヘアの形が決まります。

 

どんな残し方があるのでしょう?

 

 

 

◆Vラインサイドのみ

ショーツや水着からはみ出る毛を

なくす事ですが、はみ毛を気にせず、

ショーツや水着を着けれるのが良いですね

 

 

 

◆Vラインサイドと上の部分

サイドの脱毛だけでは、

浅いショーツを履くと気になりますよね。

 

ショーツの上からはみ出る

毛を防ぐのが、Vライン上部分です。

 

◎Vラインのサイドと上部を脱毛すれば

デザイン性のある下着も着れますね♪

 

 

◆ハイジニーナ(全剃り)

全部剃ってしまうので、衛生的にも良く

手入れのわずらわしさも無くなります。

 

しかし、一度ハイジニーナ脱毛すると

元には戻せませんので

よく考えてから行いましょう!

 

 

 

 

-深刻なお悩みアイテム
-, ,

執筆者:

関連記事

探してたのはこれ!ヒアロディープパッチの辛口な口コミって?

  今回は乾燥小じわの深部にまで届く 『ヒアロディープパッチ』のご紹介です!   本当に効果はあるのか 口コミから検証してみましょう。   (30代後半) 秋冬は目元の乾 …

ノイスで透輝美肌を!!子供には使えるの?

  女性も鼻の下の産毛に 悩んでいる人が多くいるようです。     自分で処理をしている人も 多いかと思いますが、   顔はデリケートな部分でもあるため 肌荒れ …

サラフェプラスで美しさをキープ!!解約出来ないの!?

*ちょっと動いただけなのに汗が・・・ *緊張すると汗でメイクが・・・ *せっかく時間をかけてセットした髪が・・   こんな悩みをお持ちではありませんか?     今回は、 …

ナールスネオでマイナス10歳肌へ!!販売店はどこにあるの!?

*加齢と共に目立ってくるほうれい線 *表情筋の衰えで老けた印象に・・・   今回ご紹介する『ナールスネオ』は 30歳からたるんでいく目元・口元に 効果的なエイジングケア美容液です。 &nbs …

生姜黒蜜でいつまでも若々しく!口コミの評価が低いって本当!?

冷え性対策などでも多くの食品に 使われている生姜。   食べると体の内側から ポカポカしてきますよね。     冷え性対策以外でもたくさんの効果を もたらしてくれることを …